2016年9月26日月曜日

卒業制作AB日程合同スクーリング

夏のスクーリングも一段落かと思いきや、
先週末には卒業制作のAB日程の合同スクーリングが始まりました。

いよいよ100号本番へと突入です。さて今年はどのような絵が出来ていくのでしょう。
楽しみですね。

《卒業制作AB日程9月スクーリング》


日程:9月22日(木)~25日(日)

担当:A中原・相見 B川村・山河

今年度より日程が若干変わり、夏は三日間、この9月に四日間という変則になっています。
皆さんの負担だけでなく、教員も指導しやすくなりました。

まずは、自宅で制作中の100号合評会から…



A日程の合評風景



B日程の合評風景
それぞれの思いを込めた絵を解説し、これからのアドバイスを受けます。



それぞれ真剣な眼差しですね。指導にもつい力が入ります。


















まだまだ試行錯誤中!次の作品ではどのような展開になるのかたのしみです。


間には少しだけ提出時期が遅くなったポートフォリオの説明も行われました。




教員も絵の指導や相談、提出物の説明から箱作りやレクチャ―まで盛りだくさんです。



毎日教員特講もあり、三日目には撮影し忘れましたが懇親会も開かれました。
短くなったとはいえ、本当に中身の濃い4日間でしたね。

さて、次回も自らの100号は集大成としてギャラリーに並ぶ姿をイメージし、それぞれの方がどのような展開や挑戦をみせてくれるのか、とっても楽しみですね。

半分が過ぎたとはいえ、まだ残り8日間のスクーリングがあります。しっかりと自らの制作を見つめるとともに、健康にも十分留意して11月にまたお会いしましょう。(Y)