2019年5月18日土曜日

 卒業生の活躍が続きます。
新制作・原田の森展覧会。卒業生のギャラリーオープン。大阪美術クラブ絵画展などなど紹介します。


先日関西新制作展が兵庫県立美術館分館の原田の森で行われましたが、沢山の造形大学卒業生の皆さんの作品が展示されていました。
冒頭の作品は学部第1期生の丸尾宏一さんの作品群!

関西展では毎年お二人の新制作出展作品を一堂に並べて作家の活動を顕彰されています。

丸尾さんの作品です。

光と影が交錯し、丸尾さんの風景に独特の陰影を齎します。




こちらは会員の
一居孝明先生の作品



では通信卒業生の皆さんのご活躍です。

渡邊さん 新作家賞受賞おめでとうございます!


こちらは新会員の本学卒業生の甲斐さんの作品



中川さん 新作家賞!


井上さん 新作家賞!

神田さん。新作家賞!

新制作に出されていたのですね。







新作家賞おめでとうございます。



前田さんの作品


原田の森から電車で数分。
阪神御影駅下車徒歩30秒の場所にある新しいギャラリーの紹介
30秒を30分と間違えて駅からタクシーかな?と思っていましたら、30秒!!!
古くからの商店街、旨水市場をはいったところすぐでした。


5月の展覧会のお知らせでこのブログにも紹介されていましたね。
今回オープン記念展です。




このギャラリーは通信の2013年度卒業生のMさんが始められたものです。



室内をご自分の手で改装されて、素敵な現代ギャラリーになっていました。
絵画以外にも多目的に使用できるそうです。

オーナーのMさんの作品


卒業生の皆さんの作品。展示も面白いですね。








ギャラリーの一階の小部屋の窓からは旨水市場の名前の由来となる?
源泉が見られます。
ぶくぶくと水が湧いているのですね。
窓からは風がそよぎ長閑な時間が過ぎていました。

Mさん。ギャラリー経営頑張って下さい!


さて次は現在展覧会中の恒例大阪クラブ絵画展。
明日まで。



地下鉄阿波座駅下車江之子島現代美術センターの4階で行われています。


小品展と大作展とテンペラによる作品展の3部構成になっています。

ことらがテンペラ部門
日本画コースも洋画コースも共に学びます

テンペラ絵画を指導されているのが卒業生の2013年度生の野呂さんです。
この100号作品もその手法で。

では大作部門から見ていきましょう。

100号4枚による超大作!












このお二人。SさんとTさんはもうすぐ4人展として京都で展覧会が始まりますね。

楽しみです。Sさんと。



2017年度卒業生のお二人。


現在3年次在籍中です。自分の絵画をじっと見つめます。
頑張っています!


            こちらも2017年度卒業生のお二人。







    左作品は世話役の森田さん。右は増田さん。



集合写真です。

渡邊さん他何人かの作品写真が撮影できませんでした。
撮ったつもりでしたのに。誠にごめんなさい。

大阪クラブ絵画展も8回目を迎えたそうです。
これだけの展覧会の運営は大変だと思いますが、卒業生から現役生まで、広く交流され
皆さんの作品が益々向上されているのを拝見できるのは嬉しい限りです。

洋画コースはこらからも皆さんのご活躍を支援していきます!(K.)







2019年5月10日金曜日

洋画Ⅴ-1「花」スクーリングが4月20日・21日と後半27日・28日に京都本学で行われました。

担当された小枝繁昭先生からの報告です。


31名の受講者を迎え、3年次のスクーリング洋画Ⅴ-1(花)を開講しました。
ます前半の2日間は、皆さんの花に対する概念を揺さぶりながら、みっちりと花と向き合いドローイングをおこないました。再現的描画を取り上げられ、ただただ花を見つめ、目と脳みそを手に直結させる作業でした。最初は戸惑っていた皆さんも徐々に既成概念から解放された様子でした。

 前半の体験を手掛かりに自由制作に取り組みます。解き放たれた心からどんな作品が生み出されるのでしょう



朝の930分から皆さんすごい集中力で、描き続けています。この集中力とエネルギーは、短くなったスクーリングの受講時間のハンディなど吹き飛ばす勢いです。


後半の受講者11名、それぞれのテーマに基づき多様な表現が生まれました。(小枝先生より)

小枝先生ありがとうございました。
前半のs日程のみなさんのスクーリングは8月の中旬からのc日程の後半と合流します。
ちょっと間が空きますが、受講者の皆さんは構想を温めてください。後半にはまた新しい生花が届きます。
私も少し授業拝見しましたが、
いやぁ みなさんの手の早い事!!!びっくりしました。この調子で次のスクーリングにも挑戦をお願いします。
さて
3年次スクーリングはこれから洋画Ⅴ-2「人」が東京で18日から始まります。
卒制の報告が行われた矢先、高年次のスクーリングが続きますが、
初年度生のみなさんには5月25日〜の牛骨鉛筆デッサンが京都本学で、
6月1日から外苑キャンパスで行われます。

初めての受講生のみなさんにとっては最初は少しばかり緊張されるかもしれませんが、
モチーフを観察してデッサンするのは集中して楽しい時間になること、請け合います。
良い時間を過ごされてください。(K.)








2019年5月5日日曜日

卒業制作 A日程(京都)B日程(東京)のスクーリングスタート!

10連休の真っ只中、卒業制作 A日程(京都)B日程(東京)のスクーリングが京都本学と外苑キャンパスで同時に始まりました。

5月3日〜4日の二日間です。
最終日翌日にはフォローアップが行われ、三日間があっというまに過ぎました。
学生数は総勢58名。初日各校舎で元気な学生の姿に出会いました。

A 日程編

A 日程(京都)のスクーリング風景です。


教壇手前から事務局田畑さん。
履修単位の漏れがないように今後に向けてしっかり説明。
その隣は、油井武人先生、富士篤実先生、川村です。


A日程は38名の受講生。教室が満杯。

初日は立体から平面へという課題で進めます。
描きたいイメージを立体化して作り、見る角度によって生じる様様な形を見つけます。自らがテーマに沿って作った立体物ですが、魅力的な視点に出会うように観察を重視して制作します。







           


 








 そして午後から制作継続と並行して次回作品の面談です。

富士先生と。


油井先生と。

川村と。
一足飛びに2日めの午後三時。
作品講評のために並べた各自の立体と10号作品を部屋ごとにみんなで 巡回して鑑賞します。




講評会はグループ別に。







短い期間でしたが集中して制作した学生の作品たちです。
一部作品が切れましたことごめんなさいね。(K.)




B日程編

 東京では新天皇の一般参賀が5月4日に行われ、神宮外苑周回道路は厳戒態勢、こんなに警官が出動していてほかが心配になりました。というのは余談ですが、こちらも前日の3日は持ってこられた立体作品と格闘が始まりました。
 今回の東京担当は、山河先生と奥田、そして4日に山本努先生を加えての体制で指導に当たりました。






卒業制作は一年がかりです。
 スタートは10号、次は50号2点の自主制作。この2点は自宅制作のテキスト科目。今回はエスキース相談を兼ねての実習で立体を10号に描きながら、50号のエスキースを面談していくという強行スケジュール。ここまでの受講には人それぞれの経緯があって、3年次科目を並行して実習されている方もおられます。
 卒業制作1〜2は無事済まされても、卒業制作3〜6に見事全員で望めるよう祈ります。祈っているだけではなくサポートします。できる限り。

 東京の写真は指導風景と合評風景が中心です。みなさん全員の作品や描いている姿が均等に写ってなくてもお許しください。





50号の指導!






事前課題!










みなさんあっち向いてますが真剣です。








50号の指導を交えながら、2日間の日程をほぼクリアして、、、、

そして講評会へと続きます。











 モチーフまで自分で作るってなかなか難しい課題です。
 でも手がかりがあるということは絵を進めていく上で本当に助かることが多いのです。取材する、絵にするためのきっかけを探す、この絵を描く動機となるものを見つけることがこれから続けていくためには本当に重要になってきます。

さて。次は50号。

次回の卒業制作は京都が7月27、28日、東京は8月10、11日。

様々な課題を乗り越えてお目に描かれる日を楽しみにしております !!

 6月14日は、50号中間講評会です。100号に向けてのヒントにもなりそうですね。
こちらも楽しみですね。