2018年5月15日火曜日

卒業生のご活躍あれこれ…

卒業生のご活躍!報告&展覧会のご案内

あっぱれ!通信洋画卒業生!!


 大学では卒制スクーリングも始まり、巷では春の公募団体展や地方展が始まりました。
今回はその中で団体公募展の口火を切って始まった『国展』と、『関西新制作展』での通信洋画卒業生の皆さんのご活躍の報告と展覧会のご案内です。
 関西新制作での卒業生の活躍の様子を報告して下さった、一居先生の言葉を借りると、
まさに『あっぱれ!通信洋画卒業生』といった活躍ぶりですね。

『国展』

会期:2018年5月2日(水)~5月14日(月)※5月8日(火)休館場所:六本木新美術館


巡回展
名古屋展 名古屋市博物館 5月29日(火)~6月3日(日)
大阪展 大阪市立美術館 6月12日(火)~6月17日(日)


 国展は云わずとしれた国画会が運営する今年で第92回を数える老舗の団体公募展です。
本学では門川昭子先生が会員として出しておられます。その国展でも最近はたくさんの卒業生が挑戦されており、今年の入選者は下記の通りです。徐々に入選人数が増えてきましたね。
 昨年国画賞を獲られ大活躍の福田あつ子さんを始め、渡辺恭子さん森本道代さん木村良子さん小西光子さん、そして今年初入選の丸田外美江さん高山静子さんと7名の方が入選をされました。皆さんおめでとうございます!

 





























新美術館での東京展は終わりましたが、名古屋展と大阪展はこれからです。お近くの方は
是非皆さんの作品をみてあげていただければと存じます。

*****************************************************************

『関西新制作展』


会期:5月3日(木)~11日(金)
場所:神戸市原田の森ギャラリー

 こちらも終わってしまいましたが、関西展といえども110点の絵画がならぶ、同じく今年第82回を迎える団体公募展の老舗『新制作展』の関西地方展ですが、なんとここにはたくさんの通信洋画卒業生の活躍がみられたようです。
 一居先生より詳しい報告が届いていますので、アップしたいと思います。



あっぱれ!通信洋画卒業生!!



※これは入口看板です!(Y)

(ここから一居先生報告)
5 月3 日から神戸原田の森ギャラリーにおいて第71 回関西新制作展が開催されました。
この関西新制作展は、関西北陸エリアを中心とする研究会展として毎年、公募・開催しています。ここで、造形大通信洋画卒業生の方のご活躍を少し紹介させていただきます。
この関西新制作展では複数の受賞をされた方の中から2名を選出し、特別発表の場を研究会展が提供しています。
今年は通信洋画の卒業生である川口宣樹さん甲斐美奈子さんが見事に選出され、多くの大作が美術館の1フロアすべてに展示されました。その迫力は実に圧巻でした。


※新制作入選 常連となった川口さんの作品群、卒業後は評価されにくい抽象の世界で黙々と制作を続けておられます。頭が下がる思いです。(Y)








同じく常連で昨年は二回目の新作家賞を見事受賞された甲斐美奈子さんの作品群です。お二人とも、もはやおしもおされもせぬ立派な作家ですね。

 続いては、関西新作家賞を受賞された方の作品をご紹介します。
この賞は、全体の入選者の中から11 名に与えられるのですが、その内、通信洋画卒業生5名が入賞しました。※すごいですね!


岡田峰子さん


神田恭子さん


国松京子さん


八木佳子さん


渡邊啓子さん


初入選の中川勇さん      同じく初入選の中川久さん    和木優周さん

中川さん今年の3月に卒業されたばかりですが、頑張っておられます。
和木さん今回はいつもとは違う、少し挑戦的な作品を発表されました。

 平塚満里さん       田中秀二郎さん        奥野多美子さん
辻野玲子さん         阪田茂子さん        竹山公栄さん

以上、16 名の皆様、本当におめでとうございました。
関西新制作展の中に新鮮な風がぐっと流れ込んできたような印象を持ちました。
今後、益々の活躍がとても楽しみです。
(一居先生談)

※一居先生とても詳しい報告ありがとうございました。
本当にすごいですね。まさに日本の団体公募展を支えていくのは、本学の通信洋画卒業生なのでは?と思わせる皆さんの熱気です。嬉しいとともに私達もたくさんの作家登場に負けてはいられないですね。(Y)

*****************************************************************
さて長くなりましたが…ここからは卒業生の方たちの展覧会案内です。

ゆう遊展

こちらは、関東在住のすでにそれぞれモダンアート協会、一陽会の会員になっておられる上杉道子さん、緒方かおるさんの二人展の案内です。
painting 20+展では、上杉さんを準会員と紹介し失礼いたしました。

会期:5月28日(月)~6月2日(土)11:00~19:00 最終日18:00まで
場所:シロタ画廊 東京都中央区銀座7-10-8 ℡.03-3572-7971



中々お邪魔する機会がありませんが、盛会をお祈りしております。

もうひとつは…

大阪クラブ絵画展


会期:5月22日(火)~27日(日)11:00~19:00 最終日16:00まで
場所:大阪府立江之子島芸術創造センター

こちらは関西ではお馴染みになった学習会-大阪クラブの会員による展覧会。例年教員も交替で講評にお邪魔し、懇親会などに参加させていただいてます。
今年は23日に私(山河)がお邪魔することになっています。


このほかにもつい先ごろ卒業生の小林さん、藤野さんや、2016年度大学院修了生のグループ展 16ings展などが開かれていました。

卒制に合わせ卒業生のグループ展が目白押しでしたが、その後も次々と卒業生の個展やグループ展など様々な案内をいただきます。
伺える時はできるだけ足を運ぶように心がけていますが、同僚の先生方の展覧会も失礼することがあるぐらいたくさんの展覧会があります。全てが見られず紹介もしきれないのが実情で本当に申し訳ないと思いますが、あしからずご了承ください。(Y)