2017年9月25日月曜日

 すっかり秋らしくなりつつありますが、皆さん体調など壊さずお元気でしょうか。私は台風以前ぐらいからちょっとくたびれ気味で中々疲れもとれません。
世の中は9月に入り展覧会盛況で、私も川村先生同様あちこち駆けずり回っていました。
先生方や卒業生の方の展覧会が目白押しで、いよいよ芸術の秋本番といったところです。
 さて今回は、またまた片田舎の不便なところでの私の展覧会紹介です。

 まず個展ですが、私の出身地の近くに熊川宿というのがあり、京都への鯖街道というのが日本遺産に登録されたことを受けて、少しずつ町(村?)おこしをしております。
そのさびれた入口の一角にかつて交番がありましたが、限界集落の常、ついにお回りさんがいなくなりました。
 取り壊すのも忍びないと考えた現代美術家が、その交番を再利用して画廊に変えてしまいました。そこでの個展です。少し遠くて交通の便も良くないうえに、土日祝日しか開いていないという条件ですので、中々どうぞご覧くださいという訳にもまいりませんが、紹介だけでもさせていただきます。
 今回は新作中心での展覧会です。

他にドイツでのグループ展の報告展とお世話になったドイツ人オーナーの個展紹介です。
こちらも同じく福井県の越前方面で、越前市、鯖江市と南越前町の三箇所で行われます。
ティルマンさんの個展は二箇所とも、交番と同じく古い建物をリノベーションし画廊にしたものです。

【 山河全 個展 墨色の迂回路- 

期間:2017年9月30日(土)~11月5日(日)の土日及び祝日 10:00~17:00
場所:福井県三方上中郡若狭町熊川38-4-1 熊川宿入口「光水画廊」
問い合わせ先:若狭ものづくり学舎 ☎0770-64-1788

※パンフ掲載以外にも少し実験的なこともやり始めています。
また機会があれば京都でやれればと思っています…

つづいてはこの夏ドイツで行ったグループ展報告展と、向こうでお世話になった
ドイツ人作家の個展紹介です。

【紙と和紙-神和紙】日本ードイツ現代アート交流報告展

期間:2017年10月5日(木)~15日(日)9:00~17:00会期中無休
場所:福井県越前市粟田部町11-1-1「越前市いまだて芸術館」
問い合わせ先:☎0778-42-2700



和紙の上に置かれた100㎏の氷にドリルで穴を開け、そこに食紅等の自然色素を入れて
時間とともに溶けあい混ざる様子が美しいですが、染織力の弱い自然色素なので、染めつける目的ではありません。ほとんど水となり最後は白い和紙が残るだけの作品です。


※こちらは、日本人作家12名の報告展です。
同じく遠い福井県の越前市で申し訳ない。
いずれ大阪展も開かれる予定ですので…ご勘弁下さい。

つづいては、ブレーメンから来られる作家のティルマン氏の個展紹介です。

【ティルマン・ロザーメル展】

こちらは同じく福井の下記2か所であります。その後神戸へ移動し、最後は大阪展があるかもしれないということでした。

■鯖江市
期間:10月5日(木)~15日(日)10:30~18:00 水曜休
場所:鯖江市旭町1-6-5 「SCAC」
連絡先:0778-51-8639




■南越前町
期間:10月7日(土)8日(日)21日(土)22日(日)28日(土)29日(日)
場所:南越前町牧谷81-8 「丹南アート上牧谷ギャラリー」
連絡先:0903766-7513(島川)



※いずれも不便で遠い田舎ですが、ティルマンさんはとっても優しい方です。ご興味のある方は秋を味わいついでにお出かけ下さい。(Y)