2015年11月16日月曜日

教員展覧会のお知らせ「相見節子・山田修作展」 「第100回二科展」「第83回独立展」

続・続11月教員展覧会のお知らせです

  まず最初は4年次担当の相見節子先生とご主人の山田修作さんとの二人展から。


 「山田修作・相見節子展ー陶と絵画の二人展」

   2015 11/28~12/6(休廊日12/2 水) 10:00~17:00

 ギャラリー猫亀屋 大阪府泉南郡岬町淡輪
   
     072-425-4883
  

左の写真が相見先生。 
画面が小さくてすみません。
      
      陶と絵画の二人展。相見先生のご主人は陶芸家です。
      緑釉色彩と絵画がなんとも鮮やかな対比ですね。




        筆跡から見えてくる景色はいつか見た風景。」
               
  相見先生の作品は抽象画です。こうした絵画の背景にも先生独自の風景観があるよ  うに感じます。絵の筆跡が、様々な現象にも、ふとした景色にも見えるときに、
 鑑賞者はいつのまにかその世界に誘われているのですね。
 
 ギャラリーは南海本線「みさき公園」下車、西口から徒歩15分のところだそうです。
 ぜひお出掛けください。

さて次は二科展。前にも東京本展で紹介しましたが、今回はいよいよ京都巡回展です。

第100回二科展
2015,11/24~12/6
京都市美術館




二科展には中原史雄先生が出品されていますね。
12/5京都市美術館2階二科会会場にて
中原先生によるギャラリトークが15:00から行われます。
同時開催でギャラリーなかむらで個展されていますね。こちらも以前のブログでお知らせしていますので、あわわせて見に行きましょう。

さてこの下のポスターは独立美術展のものです。
これは東京展開催時のものですが、独立展京都巡回展も二科と同時期に京都市美術館で開催されます。

第83会独立展
2015 11/24~12/6
京都市美術館


 本展には大学院でご指導されている、森田康雄先生や通信学生も多数出展されています。
美術館では大作がずらりと並び、学生の皆さんには(特に3年生以上の皆さんには)これからの自由制作の手がかりとなるテーマや手法など見るべきもの、勉強になることが多くあります。ぜひお出かけください。(K.)