2018年3月1日木曜日

卒業制作展のお知らせと3月の展覧会情報

今日は風が強く、花粉もたくさん飛散した一日でした。
堪えます!

地域によっては天候も厳しく、春の嵐が吹き荒れているようですね。

でももうすぐ桜。

そして本学通信の卒業制作展ももうすぐです。
卒業制作展と合わせてみなさんOB/OGのグループ展や教員展覧会の情報をお知らせします。

まず
卒業制作展
2018/3/11~3/18
京都造形芸術大学


洋画コース展示はギャルリ・オーブを中心にホール入口にも展示しています。
修了展はオーブ2階の芸術館奥で行われています。





Frame2016絵画展
2018/3/6~3/11
アートスペース余花庵(京都)

こちらは2/17付けのブロブで既にお知らせしています。展覧会が近づいていましたね。
昨年の卒業生の同期会ですから、皆さん1年ぶりの顔見せですね。



小林惇子展
2018 3/6~3/11
ギャラリーヒルゲート(京都)




虹の会展
2018/3/6~3/11
アートガーデンかわさき(川崎)

Hole of Mole
2018/3/13~3/18
ギャラリーマロニエ(京都)

こちらの展覧会も3回目を迎えます。
池田千里・島村薫・鈴木那奈
中原圭司・原田美樹による5人の組み合わせです。






かみはてくねん会    
2018/3/13~3/18
池坊学園アートフォーラムギャラリー(京都)

かみはてくねん会は5回目を迎えました。毎年大きな作品で意欲的な展覧会。
今年も楽しみにしています。

                                 




庭石会絵画展
2018/3/20~3/25
みやこめっせ2F  美術工芸ギャラリー(京都)

こちらは2014年度卒業生による展覧会です。恒例みやこめっせでの展示ですが、今年は展示部屋がもう一室増えるそうです。





丸山三郎・津金高浩グループ展
2018/3/27~4/1
名芳洞(名古屋)









以上が卒展の前後に、京都・川崎・名古屋で開催されるグループ展情報ですが、最後の丸山三郎・津金高浩グループ展というのは、どうやら津金高浩さん自身の個展のようです。
名古屋の名芳洞というしにせの画廊での初個展。是非みなさんいらしてください。

次は教員の展覧会のお知らせです。

新収蔵品展
2018/3/3〜3/25
西宮大谷記念美術館(兵庫)
私、川村悦子が出展しています。

Boy's drawing vol.2
2018/3/5~3/17
ギャラリー白(大阪)


奥田輝芳先生が出展されています。

文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展
   2018/3/10~4/8
  松坂屋美術館(名古屋)





川村が出展しています。時候のよくなるこの季節、卒業制作展をはじめ、
各地で開催の展覧会に是非足を運ばれてください。(K.)