2017年11月5日日曜日

 洋画コース大学院M2の修了制作はいよいよ佳境に!   大学院M1はお茶会と千秋堂でのドローイング展!

大学院M2の修了制作はいよいよ佳境に!

大学院M1はお茶会と茶室でのドローイング展!

大学院の授業も今年度3回目、今回で合計10日間になります。
初日M2生は木村克朗先生を迎え、午前の授業からみっちりと講評を行い、この三日間の目標をしっかりと作りました。

皆さん基本的な構想はおおよそ出来ています。画面をどのように仕上げていくか、構図や色彩配置の見直し、内容の掘り下げを、木村先生の視点で徹底して行いました。

M2生、初日の木村克朗先生からプッシュ

         
  
M1の初日は10号の合評から

  

                               
 


                    



    

    
 

   

   
 
    

             

 制作の継続と同時に、M2生は「研究制作ノート」の作成があります。今一度自分自身の創作について振り返り、研究制作の動機や、作品の制作背景を洗い出し、現段階での研究の進捗状況を文章にまとめます。実際の作業はM2生になってから書き継いだものがあり、ここでは三日目に個人の研究発表をすることがこのスクーリングでは重要な位置を占めています。
 M2生の二日目は、相見節子先生が、こちらも、みっちりと制作相談と指導をされ、今回のスクーリングでの制作を進めました。午後からは、M1生のお茶会に参加して、憩いのひと時を過ごしました。昨年は接待する側でお客様をお招きして作品を楽しんでいただいたのですが、今年はお客さんの立場。今年は台風の雨が降って、その中を山の上まで、ご苦労様でした。

            
            M2生+卒業生

 M2生、最終日、台風の影響は相当に強く、午後からの研究制作ノートの発表を午前に回し、M1生の司会進行で一人ずつ、パワーポイントを使いながら行いました。
研究成果を自分自身で確認すること、目標にしていたこと、制作で重要なこと、これからのことなどを含めてみなさんの発表を聞いていると、作品とちょうどリンクしながら強固なものになっていくことを実感しました。
 午後からは台風が接近して来ました。大阪で暴風警報が発令され、少し早めに片付けをして荷物をまとめて、本日終了。次回のスクーリングは、研究制作ノートの仕上げと、作品のほぼ仕上げを目指した内容になります。それぞれご自宅でしっかりと仕上げて来てください。楽しみに待っております。

残念!写真がありません!

 M1生の今回のメインは何と言ってもドローングの展示があります。その下準備は前期のスクーリングだけでなく、特論終了後の夜に、前日のセッティングに、それぞれの分担仕事を自宅で、などなど、計画と実践を綿密に行い、本番へ向けて着々と歩みを進めました。そのドローイングとはまた別に10号の自主課題の講評が今回のスクーリングのスタート。みなさん自分の描きたいテーマを探し、あるいは継続して様々に個性的な制作をされていました。中には50号を複数点もってこられて、どんどん展開されている方もいました。10号ではもう少し実験的なものも見られると良かったかと思いますが、各自のペースを徐々に整えていってほしいです。
 そ日の午後は「千秋堂」での展示を行いました。お茶室ですから壁に作品をかけられません。様々な工夫をしてドローイングと10号油彩(アクリル)を展示します。

 授業が終わる時間が来てもなかなか準備は終わりませんでした。それでもなんとか今日の仕事にけりをつけ明日の朝からのお茶会に臨みます!秋雨前線が台風に刺激されてここのところずっと雨。台風自体も迫って来てます。なんとか無事に明日が迎えられますように!!
           

               

               

                             

              

        

   


 今日のお茶会は恒例の飯島先生にお越しいただきまして、いろいろな形でサポートをしていただきました。また、M1生の授業として、イタリアミラノにある、最後の晩餐と利休の待庵を一つの例に挙げながら、その関係を時間と場所を超えて通じる精神性に人間の存在の意味を見つける貴重な講義を授かりました。



                 
           
      


    
           

                






 午後からは卒業生や洋画の先生方をお客様に迎えてお茶セレモニーを行い、外は台風という中、楽しいひと時をみんなで過ごしました。
 片付けが終わり一息つけたのは授業時間を1時間ほど超えた頃。みなさん明日のスクーリングに差し支えないよう十分に休んでください。



 M2生の最終日、台風の影響は相当に強く、午後からの研究制作ノートの発表を午前に回し、M1生の司会進行で一人ずつ、パワーポイントを使いながら行いました。
研究成果を自分自身で確認すること、目標にしていたこと、制作で重要なこと、これからのことなどを含めてみなさんの発表を聞いていると、作品とちょうどリンクしながら強固なものになっていくことを実感しました。
 午後からは台風が接近して来ました。大阪で暴風警報が発令され、少し早めに片付けをして荷物をまとめて、本日終了。次回のスクーリングは、研究制作ノートの仕上げと、作品のほぼ仕上げを目指した内容になります。それぞれご自宅でしっかりと仕上げて来てください。楽しみに待っております。


残念!写真がありません!

 M1生の最終日午前中は、M2生の「制作研究ノート」の発表を参観しながら次年度の研究に向けた計画を立てる時間にし、M2生の発表に質問を投げかけていました。それぞれ全く違うテーマへの研究を進め、作品化し、また言語化する過程を直接見る機会に気を引き締める時間となったのではないsかと思います。
 午後は情報センターを利用しするなど、各自のテーマ研究に一歩を進める時間としましたが、生憎の台風。遠方は北海道が3人、仙台1人、関東3人、と交通の障害が出るまでにと少し早めの授業終了となりました。次回はすぐにやって来ます。今度は50号をなんとか仕上げて来てくださーい。

K.O