2017年11月20日月曜日

三尾公三先生が2000年6月、76歳で亡くなられて以来17年の歳月が過ぎました。

三尾先生は京都造形芸術大学が1991年に開学した当初から2000年、
病に倒れられるまで洋画コースの教鞭を取られた先生です。

あれから17年が経ったなんて…。


本学では没後11年目の2011年にギャルリーオーブにて遺作展を開催しました。
ご覧になって、記憶に残っている方々もおられるでしょね。

今年17回忌を迎えて、三尾先生が京都市立芸術大学で教鞭をとられていた頃、先生の絵2教室(ゼミ)で教えを受けた教え子たちとの展覧会のお知らせを致します。

下のDMの写真には当時の教え子たちと先生が映っていますが、

先生が写真撮影で笑われるという事は殆どなくて、この写真も気難しそうなお顔です。


でもいろんな名言を残されて私たち学生を鼓舞されていました。当時の学生だった、

水口裕務先生、山河全先生、川村悦子が出展しています

MIO-KI '2017
2017 三 尾 忌 
ー三尾公三と教え子たちー
2017.11.28~12.10
12:00~19:00
ギャラリーa





東京では
11月27日から今年大学院修了された奥田良悦さん参加の三人展が銀座で始まります

奥田さんといえば、修了展では蟻の家族の生態を通して

生きること思いやることを大事にしていこうと、
蟻の巣を、自宅内に特殊な巣箱をガラス越しに作って、つぶさに観察描写されている方ですが、

今回は抽象画!?らしいのです。

具象作家による抽象画展
奥田良悦×瀬川明甫×中佐藤滋
銀座K'S G-allery-an
2017,11/27~12/2
12:00~19:00/金12:00~20:00/土11:30~17:00





さてタイトルにあるようにどんな展開がなされるでしょうか。お楽しみに。

最後に12月恒例の卒業生に寄る展覧会

GWIKONイチサン会絵画展のお知らせです。
今年も総勢26名の出展者の絵画が揃います。

イチサン会は2013年度卒業生によるOB会ですが卒業生のうち3/2以上の方々が毎年出展。

毎年ユニークなテーマを設けて、夫々の新たな一面を拝見するのが楽しみな展覧会です。


今回のテーマはエロス・アンソロジーと夫々の世界と書かれています。

どんなのかしら。

DMの絵は森田光男さんの作品とのこと。びっくり!
確かに初めて見る作風ですね

GEIKONイチサン会絵画展
エロス・アンソロジーとそれぞれの世界
2017.12/5~10
11:00~18:00(最終日17:00)
ギャラリーヤマシタ1号館2F








芸魂イチサン会のメンバーはそれぞれユニークな方が多いですね。

今回はそのうちのお一人石川清幸さんは、絵画雑誌「一枚の絵」の常連さんです。

こうして紙面に大きく取り扱われています。





テレビ、ラジオ、新聞紙面にと皆さんのご活躍の中に、必ず通信洋画コースのことを書き添え、宣伝してくださることを嬉しく思います。

今回の展覧会テーマに沿って皆さん頑張って下さい!!!


最初にご案内した三尾忌展の後半週に開催されますので、三条寺町から二条寺町まで散策していただけると幸いです。(K.)