2018年2月12日月曜日

卒業生のご活躍ー今回は水上卓哉さんを紹介します。

寒気がまた日本列島を覆っていますね。
北陸では連日の悪天候です。大阪ー金沢間の特急サンダーバード号は今日終日運休とか。
この厳しい天候にどうぞ皆様ご自愛いただきますように。


そんな中で、愛知県の清洲市では熱気溢れる一日がありました。






先日2月の展覧会のご案内でお知らせした院修了生の水上卓哉さんの展覧会が
2月9日の土曜日からGarelia卓にて開催されました。
その模様をお伝えしましょう。

場所は名古屋から名鉄線、新清洲駅下車徒歩1分くらいの駅からすぐの所です。

道路沿いのコンクリート打ちっぱなしのま新しいマンションの一階が会場のGarelia卓です。
2月9日。水上卓哉展のギャラリー開きオープニング展がありました。


こうした小品から大作までがずらりと展示されています。


120号4枚組の超大作の前で。水上君。
作品はほとんどが新作。海のなかをミズカメが悠々と泳いでいます。
この作品ふしぎな構図です。

作品には入念な下地が施されていて、表面にはブルーとオレンジの鮮やかな色彩に溢れています。彼のお得意の色調。
ほとばしる勢いを感じる作品ですね。

彼の頑張りがジンジンと伝わる会場でした。


様々なお客様があたたかい祝福を。


オープニングで挨拶する水上さん。
沢山のお客様を前に大奮闘の水上さんのお母さん。


同期生が遠方からも沢山駆けつけて。

(なんで画像にこの花模様が飛び交うのだろう?)


愛知県仲間もみんな一緒に。両端には先生方も。


夕方5時半から始まったパーテイーには
愛知県の名士の方々、同窓生、
ご親戚や、ご家族、造形大の先生方など
卓哉君を囲んで、遅くまで会話が弾んでいました。

会期は2月19日の月曜日までです。
(詳しくは2/1日付けのブログお読みください。)

精力的に制作に励む水上さんの姿を見て
きっと皆さんが、私もがんぼろうと刺激を受けたのではと思いました。

益々のご活躍と、御健康に乾杯!!!!(K.)