2017年12月19日火曜日

洋画コース【冬の一日体験入学】のお知らせ

もうすぐクリスマスです。
花屋さんの店頭には色鮮やかなポインセチアが並んでいて、その彩りを眺めていると
冬の寒さがなごみますね。
東京学舎ではコンポジションのスクーリングが終わったばかりです。
そろそろ授業も終盤ですが、テキスト科目の提出もまだ期日が残っています。
どうぞ皆様最後まで履修頑張ってください。


さて来年1月の洋画コース冬の体験入学のお知らせを致します。

恒例の体験入学は11月に秋の体験が行われましたね。
さて今回は油彩体験授業です。



1月14日(日)東京
(外苑キャンパス)

初めての油絵
近代絵画に触れるーアンリ・マチスに挑戦

フォービズムの巨匠アンリ・マチスは、キュビズムのピカソと並び云わずと知れた近代絵画の巨匠です。ゴッホの色彩に触れ色彩の表現力に目覚めた彼は、「将来貴方は絵画を単純化するだろう。」という師ギュスターブ・モローの予言通り色面による独特の絵画空間を作り上げ、今なお世界中に影響を与え続けています。その子供の絵のような単純さに何故豊かさを感じるのでしょう。今回彼の絵画の原点となった初期の油絵の形を借り、皆さんそれぞれの個性を生かしながら描く事で、20世紀を変えた新しい絵画価値とは何かを追体験してみましょう。


   山河全先生と山本努先生が皆さんを初めての油彩画へと  指導してくださいます。手ぶらで来ていただいてOKで  す。
  絵具が着くと行けませんのでラフな格好でお越し下さ   い。





1月21日(日)京都
京都造形芸術大学
初めての油絵
リチャード・ディーベンコーンに挑戦





 米国の画家リチャード・ディーベンコーンは、20世紀を代表する抽象画家の一人です。アンリ・マティスの影響を受け身近な風景を題材に、色彩と線による簡素化した画面を描きました。今回はマチスとディベンコーンを比較しながらのレクチャーも行い、マチスを追体験しながら学んだデーベンコーンの足跡を追うと同時に、彼の作品に倣い、皆さんにもサムホールの絵画を油彩で挑戦していただきます。面白い事請け合います!




左川村悦子と富士篤美先生が皆様を油彩絵画の世界に誘います。
山河先生も助っ人に来て下さいます。良い時間を過ごしていただきたいです。(K.)

詳しくは下のホームページをクリックください。一日体験入学は申し込みが必要です!!!