2014年5月19日月曜日

《スクーリング報告》

この18日に東京での最終ガイダンスが行われ、これで入学された方たちも動き出すことになります。先輩のみなさん、わからないことも出てくるでしょうからいろいろ教えてあげてくださいね。
今年は9割がたの方が来てくださいました。でも1割の方たちは大丈夫でしょうか。
また、不安があったら遠慮なく事務局や研究室に相談を申し込んでくださいね。(Y)

さて、今回は二年次該当スクーリングの「風景を創る」が京都のキャンパスで行われました。古野恵美子先生より報告が入っていますのでアップしておきます。
だんだん紫外線が強くなる中でしたが古野先生、学生のみなさんお疲れ様でした。


【洋画Ⅲ-2(風景を創る)】 5月14日~16日 a

 平日開催のスクーリングにもかかわらず、16名(途中から15名)が参加、京都の学舎で行われました。


ちょうど良い気候の中、風景をかけるぞと、ワクワクして参加したという自己紹介が多かった中、初日の午前中は、教室内。午後は廊下も含めて…というように、え?どこを描くの?というメニューに目を白黒させておられた方も、次第にポイントや面白さを自ら発見し、2枚目3枚目と描き進むうちに、どんどん画面の密度が上がっていった3日間でした。


気候的にも、曇天の空や、雨、爽やかな快晴と、バリエーション豊かで、様々な光線の中で描くことができたのではないかと思います。

 




最後にみっちりと描き込んだ作品を前に合評をして、実り多き3日間でした。 今回の発見を、是非風景のテキスト課題や、今後の制作に活かして下さい。(古野恵美子)